LinkStation LS410DのHDDをSSDに交換する – Qiita

LinkStation LS410DのHDDをSSDに交換する – Qiita

LinkStation LS410DのHDDをSSDに交換する

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

LinkStation LS410DのHDDをSSDに交換します。

下準備(ダウンロード・インストール)

下準備として、下記のファイルをダウンロードもしくはインストールしておきます。

  • LinkStation LS410D用のファームウェア(Liveupdater付き)
  • ファームウェアをLinkStationへ送るためのサーバーTftpd32

下準備(IPアドレスの設定)

自動でLinkStationからファームウェアをダウンロードしてもらうためにルーターとWindowsマシンのIPアドレスを設定しておきます。

  • ルーター 192.168.11.200
  • Windowsマシン 192.168.11.1 (ここが重要)

ファイアーウォール(アンチウィルスソフト)を一旦オフにしましょう。

BuffaloのWebサイトからファームウェアをダウンロード

LinkStation LS410D用のファームウェアファイルをダブルクリックで展開します。
C:BUFFALOls400-181 に展開されます。

一部のファイルの拡張子をzipに変えて解凍
initrd.img→initrd.zip→解凍
uImage.imb→uImage.zip→解凍

パスワードを聞かれるので、ネットで適当に調べてパスワードを入力します。

解答してできたファイルをC:Program Files (x86)Tftpd32 へコピーする

LinkStationの起動

LinkStationを電源コンセントを入れて赤色が点滅したら、フロントのファンクションキーを押します。
この時、白く高速に点滅すると、192.168.11.1にイメージファイルを自動で取りにいくようになります。

うまくイメージファイルのダウンロードが済むと高速だった点滅が点灯へと変わります。

#同じイメージファイルが2度ダウンロードされたら失敗しています。ファイアーウォール(アンチウィルスソフト)を一旦オフにしましょう。

ハードディスクの初期化(フォーマット)

事前にLSUpdater.iniの編集を編集しておきます。

LSUpdater.iniをメモ帳などで開き下記修正

VersionCheck = 0
NoFormatting = 0

LSUpdater.exe をダブルクリックで起動し、ファームウェアのアップデートとハードディスクの初期化を行います。

後は、待っていればnas navigaterからWeb管理等できるようになります。

速度ベンチマーク

4.jpg

ファイル転送時は概ね30MB/s~50MB/s出るようになります。
CristalDiskMarkだとリードが大体100MB/sに。

SSDがだいぶ安くなっているのでLinkStationが余っている場合は試す価値アリです。

参考リンク

ソフトウェア ダウンロードサービス | BUFFALO バッファロー
http://buffalo.jp/download/driver/hd/ls400_fw-win.html

TFTP server
http://tftpd32.jounin.net/tftpd32_download.html

LinkStation LS410DのHDD交換手順|やーぼーのブログ
http://ameblo.jp/yahboh/entry-12022513219.html

mydrive.jp/BUFFALOのNAS(LinkStation)のHDD換装メモ
http://mydrive.jp/server/other_server/ls/ls.html

Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー : NASのHDDを交換するぞ!LS-XH1.0TLの2TB化 後編
http://laineema.gger.jp/archives/2631462.html

LS410DのHDD交換方法 | 思いつくままに雑記帳(調)
http://uedaipasokon.sakura.ne.jp/wp/archives/3647

その他

抜き出したHDDのパーティションはWindowsでは削除しきれなかったので、コマンドプロンプトから強制的にパーティションを削除します。

EFIシステムなど削除できないパーティションを手動削除する方法 – 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記 http://nasunoblog.blogspot.jp/2012/07/efi.html