Proxmox VE で DRBD を使用した仮想環境 | Thirdware Tech Info

Proxmox VE で DRBD を使用した仮想環境 | Thirdware Tech Info

前回のブログで LINSTOR 経由で Kubernetes を使用するプラグインを紹介しましたが、今回は Proxmox VE で使用する linstor-proxmox プラグインを紹介します。

Proxmox は Debian ベースの仮想化プラットフォームの1つです。専用の CD image が用意されていて、インストール後すぐに WebGUI からアクセスして構成が可能で、複数の Proxmox ノードを組み合わせたクラスタも簡単に構築できます。 また、LINBIT は専用のレポジトリを用意していて、最新のソースからビルドされた LINBIT 提供パッケージがだれでもすぐに使えるというのも大きなメリットです。

以下に構築例として、2つのノードで Proxmox クラスタを構築し、DRBDで作られた Guest OS をノード間でライブマイグレートしてみます。

blog.3ware.co.jp/wp-content/uploads/2018/09/proxmox_live_migrate_before2-300×237.png 300w, blog.3ware.co.jp/wp-content/uploads/2018/09/proxmox_live_migrate_before2-768×607.png 768w” sizes=”(max-width: 900px) 100vw, 900px” class=”” style=”max-width: 100%; margin: 0.5em auto; display: block; height: auto;”>

前提条件

前提条件として、

  • 2台のノードを用意し、すべてのノードに Proxmox VE 5.2 がインストール済み
  • 各ノードには DRBD 用のブロックデバイスを1つ準備

とします。1台のマシンで、Nested 環境を使用する場合は、Nested Virtualization を参照ください。

ソフトウェア

今回使用したソフトウェア情報を以下に記載します。

  • Proxmox VE 5.2-1
  • drbd-dkms/unknown,now 9.0.15-1
  • drbd-utils/unknown,now 9.5.0-1
  • linstor-client/unknown,now 0.6.0-1
  • linstor-common/unknown,now 0.6.2-1
  • linstor-controller/unknown,now 0.6.2-1
  • linstor-proxmox/unknown,now 2.9.0-1
  • linstor-satellite/unknown,now 0.6.2-1
  • python-linstor/unknown,now 0.6.0-1

Proxmox パッケージ更新

各ノードに最新のパッケージがインストールします。評価目的なので、 Package_Repositories の pve-no-subscription から使用します。

# vi /etc/apt/sources.list.d/pve-enterprise.list

deb http://download.proxmox.com/debian/pve stretch pve-no-subscription

# apt update && apt upgrade -y

# reboot

PVE クラスタの設定

Cluster_Manager に基づいて、1つノードが master で、残りが slave である PVE Clustor を設定します。これによりノード間で /etc/pve がシェアされます。

1つのノードで、

# pvecm create drbd-clustor

残りのノードで

# pvecm add 10.30.103.120

を実行します。master ノードで確認します。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

# pvecm status

Quorum information