ngrockはregionを指定できる – Qiita

ngrockはregionを指定できる – Qiita

ngrockとは

ローカルマシンへアクセスできるURLを発行してくれる。

https://ngrok.com/

例えばローカルマシンの3000番ポートで動かしてるアプリケーションがあれば

$ ngrock http 3000  # ↓URLが生成されてアクセスできる  Session Status                online  Session Expires               7 hours, 59 minutes  Version                       2.3.18  Region                        United States (us)  Web Interface                 http://127.0.0.1:4040  Forwarding                    YOUR_HTTP_URL -> http://localhost:3000  Forwarding                    YOUR_HTTPS_URL -> http://localhost:3000  

という超簡単な使い方。

実はregionを指定できる

上記の通り超簡単な使い方故マニュアルやアウトプットの内容を見る人は少ないかもしれませんが、アウトプットをよく見ると Region United States (us) というのがでていました。

helpで見てみると

$ ngrok help http  NAME:     http - start an HTTP tunnel    ...    OPTIONS:     --auth               enforce basic auth on tunnel endpoint, 'user:password'     --authtoken          ngrok.com authtoken identifying a user     --bind-tls "both"    listen for http, https or both: true/false/both     --config             path to config files; they are merged if multiple     --host-header        set Host header; if 'rewrite' use local address hostname     --hostname           host tunnel on custom hostname (requires DNS CNAME)     --inspect            enable/disable http introspection     --log "false"        path to log file, 'stdout', 'stderr' or 'false'     --log-format "term"  log record format: 'term', 'logfmt', 'json'     --log-level "info"   logging level     --region             ngrok server region [us, eu, au, ap] (default: us)     --subdomain          host tunnel on a custom subdomain  

--region でサーバーのregionを指定できるとのこと。

ドキュメントにも指定しないとデフォルトで us - United States (Ohio) になるが、指定すれば特定のregionを使えると記載してありました。

https://ngrok.com/docs#global

ap - Asia/Pacific (Singapore) とあるので、日本国内で使うなら --region ap とするといいかも。

特に検証はしてないので違いがどの程度かわかりませんが、自分が使うときはregionをapにするようになりました。