Mac改造、Mac Pro Early 2008 : VC社長日記

各モデルの特徴、お薦め改造、メインテナンスのツボを紹介するMac 改造の連載 第4回目です。第3回から、久々となってしまいました。今回は、Mac Pro Early 2008 モデルです。

MacPro

概要
 かなり古いモデルですが、Xeon プロセッサは現在でも高い性能を発揮します。初代Mac Proが32bit EFIの悲しさで早々とOS X 10.7.5で打ち切りとなったのとは対照的に、
Early 2008 モデルは64bit EFIのお陰で、最新の(2015/12現在)OS X 10.11 El Capitanにも対応しています。
拡張の注意点としては、PCI Express スロットが、1(ビデオカード用)と2がPCIe 2.0、3と4が

PCIe 1.1となっているため、性能上有利になるよう選択する必要があります。主要スペック
販売期間 2008/1~2009/3
機種ID:MacPro3,1
製品番号:MA970LL/A
CPU: 2.8GHz Xeon E5462, 2.8GHz E5462x2, 3.0GHz
E5472x2, 3.2GHz E5482x2
メモリ:標準 2GB DDR2 800MHz FBDIMM
ストレージ:320GB/7200 rpm 3.5インチ SATA HDD
光学ドライブ:8X DL SuperDrive
グラフィックス:Radeon HD 2600 XT
Wi-Fi: 802.11n (オプション)
Bluetooth 2.0+EDR(オプション)
発売時のOS バージョン:OS X 10.5.1
最終OS:最新の10.11 El Capitanに対応(2015/12現在)

お薦め改造(難易度は1〜5、5が最難関)

メモリ
  アップルの公式スペックでは、最大メモリは4GBメモリ8枚で32GBですが、実際には8GB 8枚で64GBまで拡張可能です。ただし、8GBメモリは一般的とは言いがたく、価格も8枚で20万円超で今となってはあまり現実的とは言えないと思います。公式スペック通り、

4GBメモリ8枚で32GBがお薦めです。難易度 1
8GBキット(4GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC
16GBキット(8GBx2) DDR2 FB-DIMM PC2-6400 800MHz ECC

グラフィックス
64bit EFI, PCI Express 2.0とEarly 2009-Mid 2012と同スペックのため、
Early 2009-Mid 2012用のビデオカードも利用可能です。Early 2009-Mid 2012用でEarly 2008は対応機種に入っていないことも多いのですが、実際には使用可能です。

難易度 1
Sapphire Radeon HD 7950 3GB Mac Edition
ATI Radeon HD 5870 1GB Graphics Card for Mac Pro

SATA 3 SSD
3.5 インチ HDDのインターフェースはSATA 2(300MB/sec)対応。3.5インチ-2.5インチアダプタの使用で、2.5インチSSDを装着可能ですが、SATA 3の速度は発揮できずSATA 2相当の速度となってしまいます。
SATA 3の速度をフルに発揮させるために、PCI Expessカードを販売中です。

難易度 1〜2
APRICORN Velocity Solo x2 – Extreme Upgrade
APRICORN Velocity Duo – Dual SSD RAID Upgrade Kit for Mac Pro

これらのカードは、PCI Express 2.0 x2 対応。フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。ただし、PCI Express 1.1 x2でも、理論値で500MB/secあるので他のカードとの兼ね合いによっては3番、4番スロットもありと考えらえれます。

PCIe SSD
最新のMacBook Pro Retina等で使用されている、超高速のPCIe SSDをアダプタを介して利用できます。1.5GB/sec級の超高速ストレージ環境を実現できます。これも、
フルに速度を発揮させるためには、2番スロットに装着する必要があります。3番、4番スロットに装着した場合は、速度が半減でします。難易度 1〜2
Apple純正 Samsung 128GB〜1TB PCie SSD f(1.5GB/s 高速版)

USB 3.0カードの追加
本機で足りないインターフェースといえば、何と言ってもUSB 3.0です。ドライバ不要のタイプのカードがお薦めです。この種のカードは、大抵PCIe 2.0 x1です。従って3、4スロットに装着してしまうと、最大250MB/secとフルに性能を発揮できません。他の高速カードを利用する際は、どのスロットにするのか悩ましいところです。

難易度 1〜2
ORICO 4 Port USB 3.0 PCI Express カード
メインテナンスのツボ
電源
本機で最大の弱点は、電源といってよいでしょう。Vintage Computerでも人気商品で、故障は多いようです。

Mac Pro Early 2008用 電源

Shared via Inoreader