リモートデスクトップサービスのインストールと構成 | Dell 日本

[Windows] リモートデスクトップサービスのインストールと構成 | Dell 日本



本ドキュメントでは、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2におけるリモートデスクトップサービスのインストールとその構成手順について説明します。

紹介内容
1. 対象製品
2. リモートデスクトップセッションホスト役割サービスの追加
3. リモートデスクトップセッションホストの構成
4. リモートデスクトップ用ユーザーアカウントの設定


注意事項

  • ドメインコントローラにリモートデスクトップセッションホストを構成することは推奨されません。
    参考:ドメインコントローラにRDセッションホストをインストールする
  • リモートデスクトップセッションホスト構築時点で「Remote Desktop CAL」未購入の場合は、猶予期間の120日以内に「Remote Desktop CAL」の購入とリモートデスクトップライセンスサーバーの準備が必要となり、期限内に購入しない場合はエラーが発生し接続できなくなります。


前提条件

  • 本ドキュメントではワークグループ環境を想定しています。
  • リモートデスクトップライセンスサーバーの構成とRemote Desktop CALのインストールについてはこちらをご参照ください。


事前準備
Remote Desktop CALの購入が別途必要です。


対象製品

  • Windows Server 2012 Standard Edition
  • Windows Server 2012 Datacenter Edition
  • Windows Server 2012 R2 Standard Edition
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter Edition

リモートデスクトップセッションホスト役割サービスの追加


1. 管理者アカウントでログオンします。

2. [Windows]+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を起動し、[servermanager.exe]と入力して[OK]をクリックします。


3. サーバーマネージャー起動後、メニューバーより[管理]→[役割と機能の追加]の順にクリックします。


4. 役割と機能の追加ウィザード画面が表示されたら[次へ]をクリックします。


5. インストールの種類の選択画面が表示されたら、[役割ベースまたは機能ベースのインストール]を選択し[次へ]をクリックします。
*[リモートデスクトップサービスのインストール]が選択肢として表示されますが、仮想化デスクトップインフラストラクチャ(VDI)に使用するサービスでありここでは選択しません。


6. 対象サーバーの選択画面が表示されたら[サーバープールからサーバーを選択]が選択されていることを確認し、[サーバープール]欄よりインストール対象のサーバーを選択して[次へ]をクリックします。
*単一サーバーの場合はそのまま[次へ]をクリックします。


7. サーバーの役割の選択画面が表示されたら、[リモートデスクトップサービス]にチェックを入れ[次へ]をクリックします。


8. 機能の選択画面が表示されたら何も選択せず[次へ]をクリックします。


9. リモートデスクトップサービス画面が表示されたら[次へ]をクリックします。


10. 役割サービスの選択画面が表示されたら[リモートデスクトップセッションホスト]にチェックを入れます。
表示される画面で[管理ツールを含める(存在する場合)]にチェックが入っていることを確認し、[機能の追加]をクリックして[次へ]をクリックします。
*同一Windows Server上にリモートデスクトップライセンス役割サービスを構成する場合は、この時点で[リモートデスクトップライセンス]にもチェックを入れインストールします。




11. インストールオプションの確認画面が表示されたら内容を確認し[インストール]をクリックします。
環境に応じて[必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する]にチェックを入れます。


[必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する]にチェックを入れるとポップアップが表示されますので、内容を確認し[はい]をクリックします。


12. 「インストールが正常に完了しました。」と表示されたら[閉じる]をクリックしウィザードを終了します。



リモートデスクトップセッションホストの構成


Windows Server 2012より、リモートデスクトップサービスの設定変更はグループポリシーからの管理に変更されています。

1. 管理者アカウントでログオンします。

2. [Windows]+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を起動し、[gpedit.msc]と入力して[OK]をクリックします。


3. グループポリシーエディター画面が表示されたら、左ペインより[コンピュータの構成]→[管理用テンプレート]→[Windowsコンポーネント]→[リモートデスクトップサービス]→[リモートデスクトップセッションホスト]→[ライセンス]の順に展開します。


4. 右側にライセンス画面が表示されたら[指定のリモートデスクトップライセンスサーバーを使用する]をダブルクリックします。


5. ウィザードが表示されたら[有効]を選択し、[使用するライセンスサーバー]を入力して[OK]をクリックします。


6. ライセンス画面が表示されたら[リモートデスクトップライセンスモードの設定]をダブルクリックします。


7. ウィザードが表示されたら[有効]を選択し、プルダウンメニューより購入されているライセンスモードを指定して[OK]をクリックします。



リモートデスクトップ用ユーザーアカウントの設定


1. 管理者アカウントでログオンします。

2. [Windows]+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を起動し、[compmgmt.msc]と入力して[OK]をクリックします。


3. コンピューターの管理画面が表示されたら[ローカルユーザーとグループ]を展開して[グループ]をクリックし、グループ一覧より[Remote Desktop Users]をダブルクリックします。


4. Remote Desktop Usersのプロパティ画面が表示されたら[追加]をクリックします。


5. ユーザーの選択画面が表示されたら、[選択するオブジェクト名を入力してください]欄にリモートデスクトップで使用するユーザーアカウントを入力ます。
[名前の確認]をクリックし、名前が確定されたことを確認したら[OK]をクリックします。


6. [所属するメンバー]欄に追加したアカウントが表示されていることを確認して[OK]をクリックし、リモートデスクトップで接続できるか確認します。


以上で作業は完了です。


[ダウンタイムをより少なくしたいお客様へ]
[解決までの工数をより少なくしたいお客様へ]

デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を
24時間365日自動で行います!
詳細はこちら
Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません