バイク野郎のひとりごと: LS-XHL を入手、Deban Stretch をクリーンインストールする

バイク野郎のひとりごと: LS-XHL を入手、Deban Stretch をクリーンインストールする

LS-XHL の HDD なし筐体を格安で入手しました。

この機種は LS210D(600Mhz/256MB)の CPU 性能のちょうど倍の性能です(1.2Ghz/256MB)。



ホントは 1.6Ghz の LS-VL の方がいいのですが、格安ではなかなか手に入れることができず、LS-XHL になりました。



ディスクは 500 GB / 2.5″ HDD がありますのでこれに Debian Stretch をクリーンインストールします。



NAS として本格的に使うのではなくサーバー仕立てが目的なので、500 GB で十分です。



NAS である LS210D はオリジナル機能に付け加えて ssh ログインできるようにして、ipkg もインストールし、syslog-ng サーバー機能も持たせていますので、かなりのことはできますが、やはり Debian には劣ります。



ホントは LS-AVL の Debian 化をして、「LS210D オリジナル版  +  LS-AVL Debian 版」での運用を目論んでいましたが、LS-AVL Debian 化に目鼻が付いたところで、やめていました。



LS-AVL をサーバーにするには USB ポートが無いことと、いまひとつ性能的な見劣りがあったためです。




そこで高性能な LS-VL または LS-QVL を第一候補に、LS-XHL を次点候補で【 殻 】を探していたのです。


たまたま LS-XHL の【 殻 】を格安で手に入れることができましたので、ようやくサーバー化が進展する運びとなったわけです。


——————————






本題の Debian Stretch のクリーンインストールです。


インストーラーは、下記の url にありますので、Lubuntu PC からブラウザでこのサイトに行き initrd.buffalo / uImage.buffalo の2つのファイルをダウンロードしておきます。


http://ftp.jp.debian.org/debian/dists/stretch/main/installer-armel/current/images/kirkwood/network-console/buffalo/ls-xhl/



500 GB HDD を Lubuntu PC に USB=ATA ケーブルで接続して、パーティション設定とフォーマットをします。


パーティション1(/boot  ):1GB
パーティション2(/     ):+10GB
パーティッション(swap   ):+500MB
パーティション4(/home):残りすべて



パーティションを設定後の fdisk での状態は下のようになっています。







/dev/sdb1/dev/sdb2 および /dev/sdb4ext3 形式でフォーマットします。

 root@Lubuntu:/# mke2fs  -I  128  -j  /dev/sdb1
 root@Lubuntu:/# mke2fs  -j  /dev/sdb2
 root@Lubuntu:/# mke2fs  -j  /dev/sdb4


次に、/boot になる /dev/sdb1 を適当な空のディレクトリにマウントします。



さきほどダウンロードしておいた initrd.buffalo / uImage.buffalo の2つのファイルを、この /dev/sdb1 にコピー(またはムーブ)します。



コピー(またはムーブ)が終わったらマウントを解除し、HDD を Lubuntu PC から外して、LS-XHL に装着します。




そして LS-XHL の電源を入れるとインストールが開始されます。


インストールブートはすぐに終わりますので、ターミナルから ssh でログインします。
 


 root@Lubuntu:/# ssh  installer@1vv.xxx.yyy.zzz



1vv.xxx.yyy.zzz ” は DHCP サーバーから LS-XHL に割当てられたアドレスです。

DHCP サーバーの割当てリストでアドレスを確認します。


インストーラーのユーザーID は ” installer ” でパスワードは ” install ” です。


ログインするとインストール手順が起動しますので、画面の指示にしたがってインストールします。



途中、パーティションの設定は注意します。

「手動」で各パーティションの設定を改めてします。



パーティション1:マウントポイントは /boot です。

 利用方法が「利用しない」になっているので、「ext3 ジャーナリングファイルシステム」
 とします。

 マウントポイントは「なし」になっているので「/boot」にします。

 「パーティションのセットアップを終了」を選択して設定を反映させます。



パーティション2 以下も同様にします。


パーティション2:マウントポイントは /root)です。

パーティション3:swap です。

パーティション4:ユーザー領域です。マウントポイントは /home です。

         ここでマウント設定しておくと、fstab を編集しなくて済みます。




あとは画面指示に従えば約20分程度でインストールが終わりログアウト状態になります。



改めて ssh でログインして各種の設定をします。

このとき以降のログインは、インストール途中で設定した [username] / [password] で行います。


また LS-XHL のアドレスは変わっていると思いますので、改めて DHCP サーバーの割当てリストで確認します。



最低限、以下の設定をします。


1.IP アドレスを割当てをもらうのではなく、固定で付与します。

  /ete/network/interfaces を編集し、設定を反映のために一旦リブートします。


2.改めて新しい固定アドレスでログインします。


3.”su” コマンドでシングルユーザーモードにします。

  この時点では sudo はまだインストールされていません。

  ” apt install sudo ” でインストールします(設定をしないと有効になりませんが、
  具体手順はここでは割愛します)。


4.” ifconfig “のインストール

  ” ip ” に置き換えろ、といいますが Mac も ” ifconfig ” ですのでインストールします。

   root@Lubuntu:/# apt  install  net-tools


  /sbin/ifconfig なので、ユーザーには PATH が通っておらず、プロンプト ~$ のとき
  not found になるので /home/username 配下に .bash_profile を新しく作成し、
  PATHexport 定義して source コマンドで反映させます。


5.” samba ” のインストール


6.” idle3ctl(パッケージ名:idle3-tools)” と
  ” smartctl(パッケージ名:smartmontools ” )のインストール

  これらは WD 製 HDD の IntelliPark 機能を無効化してその状態を見るために使用します。

  この IntelliPark 機能はデフォルトではオンになっており、これが著しくディスクヘッド
  の出し入れを行うためにディスクの寿命を縮める、という悪名高き機能です。


  そこで、idle3ctl コマンドでその設定状況を確認し、オンならばオフにします。

  smartctl はディスクの稼働状況(S.M.A.R.T.情報)をモニターするツールです。




以上のパッケージを入れておけばまずはサーバーとしては初期設定完了となります。




あとは、必要に応じてパッケージを追加で入れていきます。


afp 機能を入れたり、apache を入れたり、dlna を入れたり、自由です。







ファンの振動があり、結構うるさいのでファンは止めました。

止めてもディスク温度は 46 ℃ ですから、限界温度といわれる 50 ℃ 未満なので問題はないと思います。


まぁ壊れたら 256GB 程度の SSD に交換するつもりでいます。